勝手にPREMIER LEAGUEハイライト!

しがない放送作家が、プレミアリーグの試合や選手について、勝手気ままに綴るサッカーブログ

涙が止まらなくなる試合

リーズ v ニューカッスルの一戦。

 

選手入場の際、リーズのキャプテン

リアム・クーパーの手にipadがあった。

Embed from Getty Images

その画面の中にいるのは、白血病の治療を受けている

8歳の少年、ホークリッジ君

 

以前、アーセナル戦の時にも同じような光景が

あったのだが、この時とはまた違う少年が

チームのマスコットとして、選手と一緒に入場していた。

 

抗がん剤の影響なのか頭髪はないが

リーズのユニフォームを着て、病室から明るく手を振っている

 

そんな彼を勇気付けるためにも、リーズのイレブンは、この試合

どんなことがあっても勝つ!と決めていた(はず)

 

序盤は、ニューカッスルのプレスでボールを失いがち

シュートまで持ち込むも、枠外ばかり…

そんなことを繰り返しているうちに、あっさり

ニューカッスルに先制されてしまう。

Embed from Getty Images

しかし前半35分

ハフィーニャのクロスにロドリゴがヘッドで合わせると

ゴールはクロスバーに…そのこぼれ球をバンフォードが

ヘッドで押し込んで同点!

Embed from Getty Images

前半は同点のまま終え、後半へ

 

そして61分。中央から放たれたフィードを

ハリソンがゴールラインぎりぎりでトラップし

シュートのような強めのボールで折り返すと

そこに走りこんできたロドリゴがヘッドで合わせて

再びリード!

 

印象的だった場面は、この時のビエルサ監督。

自らのチームがゴールで歓喜している中

無表情でコーヒーをすすっていた。

もうすでに、その先のことを考えていたのか…

Embed from Getty Images

しかし、その数分後

リーズの弱点。セットプレーであっさり

同点に追いつかれてしまう。

「セットプレイの守備よ」とツッコミたくなるほど

ここ数試合、セットプレイで得点を許している。

 

しかし今日は、絶対に勝たなきゃいかんのよ!

同点じゃダメなんだよ!ホークリッジ君の為に!

 

そして77分

クリヒの左サイドからのフワッとした軌道のボールを

ハフィーニャが競り合うも頭上を越えていく

しかし、その後ろからダラスが飛び込んで

3点目を叩き込む!

はっきり言って、綺麗なゴールでもかっこいいゴールでもないけれど

ボールに食らいつくように叩き込む素晴らしいゴールだった。

Embed from Getty Images

再びリードし、ここでビエルサ監督が動く!

ロドリゴに替えて、ベテラン、パブロ・エルナンデス

バンフォードに替えて、タイラー・ロバーツを投入する

この交代は、リードを守るための交代ではなくて

さらに攻めるための交代!ここがモイーズ監督と違うところ

 

さらにクリヒに替えて、シャクルトンも投入

これは経験値を上げるため。

以前、サイドでプレーしていたシャクルトン

クリヒのバックアッパーにしたいのか?

同じポジションでプレイしていた。

 

その交代が功を奏して

85分にカウンターからハフィーニャ→エルナンデスとつなぎ

中央までオーバーラップしていたアリオスキーが追加点

Embed from Getty Images

その2分後

今度はハーフウェイラインでボールを奪った

ハリソンが1人で持ち込み、ミドルレンジからシュート!

これが豪快に決まり、5点目を奪う!

 Embed from Getty Images

結果、5-2の快勝!

絶対に負けない!絶対にあきらめない!

さらに前を見て、貪欲になる!

この選手たちのメッセージがきっと

ホークリッジ君の胸にも届いただろう…

 

ダウンジャケットの襟が

ずっと、中に入り込んでいても

サッカーに夢中で気にしない、この監督の姿も…

Embed from Getty Images

ご覧いただきありがとうございました。

もしよろしければ以下のバナーをクリックお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 
プレミアリーグランキング

 

 

 

 

 

 

ビエルサの采配とモイーズの采配

リーズがウエストハムに敗れた。

 

開始早々、クーパーのスルーパスに反応した

バンフォードがGKファビアンスキーに倒されPK

 

キッカーのクリヒが一度は止められるも

蹴り直しとなり、リーズが先制。

 Embed from Getty Images

その数分後、今度はウエストハム

コーナーキックからのパワープレイで同点に追いつく。

Embed from Getty Images

そのまま前半が終了し、後半へ

ここでビエルサは、アリオスキーに替え

ユース出身のシャクルトンを投入。

そして、ここ最近、あまり良いパフォーマンスを

見せていなかった(と個人的には感じている)

ハリソンに替え、コスタを投入する。

つまり、両ウイングを一気に替えたことになる。

 

ボールはキープするもシュート間際で跳ね返されていた

展開というか、流れを変える為に

思いきった2枚替えをビエルサ監督は選択したのだろう。

 

しかし、リーズの攻撃を研究してきたのか

ウエストハムのディフェンスは、リーズの攻撃を

跳ね返し続けた。

 

そして、またまたセットプレイからのパワープレイで

リーズのゴールネットを揺らすことになる。

 Embed from Getty Images

1-2と、リードした途端

モイーズ監督は、フレッシュな選手を立て続けに3枚投入

そのまま逃げ切って勝利することとなる。

 

この2人の監督の采配。

堅実に「リードしたら動ける選手を投入して勝ち切る」

モイーズの方が正しいのかもしれないけど

見ている方としては、全く面白くない。

 

まだ、後半開始早々から勝負に出た

ビエルサ監督の方が潔いし、見ている方も面白い

 

だからこそ、リーズに勝ってほしかった!

監督!次こそ、お願いします。

 Embed from Getty Images

ご覧いただきましてありがとうございます。

もし、よろしければ以下のバナーをクリックお願い致します。

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 
プレミアリーグランキング

 

フォーデンは四千頭身の後藤

昨日のマンCvマルセイユの一戦を観ていて

ふと、思ったこと。

 

昨年あたりから出場し始め

今ではすっかり、チームの中心として活躍している

フォーデンは、芸能界でいうと、四千頭身の後藤だと。

2人ともしっかりとど真ん中にいるという感じ。

Embed from Getty Images

プレミアリーグ四千頭身・後藤こと(勝手に命名

フィル・フォーデン

 

プレミアのEXIT兼近は

全然、チャラさはないけれど

マンUのブルーノ・フェルナンデスか?ポンポンッ

Embed from Getty Images

 プレミアリーグのEXIT兼近こと(勝手に命名

ブルーノ・フェルナンデス 相方はポグバ

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

よろしければ、以下のバナーをクリックしていただくと幸いです。

 
プレミアリーグランキング

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

「リヴァプール」と入力して変換すると「強い」としか出てこない

リヴァプールは強すぎる

 

ファン・ダイク、アリソン、ゴメス

チアゴ・アルカンタラなどなど

主力を数名、ケガで欠きながら

ウルブスに4-0と圧勝した。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

サラー、ワイナルドゥム、マティプ、マネがゴール

名手ルイ・パトリシオが4点も許す展開に…

 

そして、フル出場した背番号62番のイケメンゴールキーパーは誰だ!?

好セーブを連発するじゃねーか。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

ジョタは、あっという間にチームに馴染んでいるし

サラーとマネの得点力も衰えない

 

こりゃ12月16日のトッテナムとの天王山は見ものだ。

それまでにアリソンは戻るのか?

それともイケメンゴールキーパーがマウスを守るのか?

アドリアンよりかは安定してそう。

 Embed from Getty Images

ユース出身のイケメンゴールキーパーこと

クィービーン・ケレハー(22)アイルランド代表

 

ご覧いだたきましてありがとうございます。

もし、よろしければ下のバナーをクリックお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 
プレミアリーグランキング

 

 

 

 

勝ち点を掴み損ねたシェフィールド

シェフィールドはどん底だ。

 

今節のレスター戦

先制された後、コーナーキックからのマクバーニーのヘッドで同点

Embed from Getty Images

その後もレスターの攻撃に耐え忍んできたが

試合終了間際、トラップミスを奪われカウンター

それをヴァーディーがしっかり決めて、レスターの勝利となった。

Embed from Getty Images

現在、勝ち点1で、久しぶりに勝ち点をゲットするチャンスだったが

最後の最後で逃してしまった。

 

シェフィールドのサッカーは好きなので

頑張ってほしい。

得点力のある9番タイプの選手が加入すれば

少しはなんとかなるのではないかと思ってしまいます。

 

余談ですが

選手が列になって、ピッチに入ってくる際

それまで飲んでいたペットボトルなどを

ポイっとピッチに投げ捨てる選手がたまにいる。

 

個人的に、この行為はどうかと思ってしまいます。

文化の違いなのか?気になってしまいます。

 

ご覧いただきましてありがとうございます。

もしよろしければ、以下のバナーをクリックしていただけると

うれしく思います。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村>

 
プレミアリーグランキング

一発パンチを食らわしたが、すぐに三発殴られたような試合

チェルシーVリーズをDAZNで観戦。

 

試合序盤は、チェルシーがボールを支配するも

先制はリーズだった。

フィリップスのハーフウェイライン付近からの

完璧なパスに反応したバンフォードが落ち着いてゴールを決めた。

Embed from Getty Images

しかし、26分に絶好調のジルーが

ジェームズのクロスに合わせ、同点。

 Embed from Getty Images

そして後半、60分にコーナーキックから

ズマがヘッドで押し込んで、チェルシー逆転。

Embed from Getty Images

さらに後半ロスタイムにプリシッチがダメ押しゴールを決め

結果、3対1でチェルシーの勝利。

 Embed from Getty Images

リーズが先制した際には、「最低でも引き分けか」と

思っていたが、甘くはなかった。

チェルシーの分厚い選手層とリーズを凌ぐボールポゼッションで

手こずることなく勝ち抜いた試合だった。

 

コッホの怪我は心配だけど

プレミア初出場で、そつなくこなしていたジョレンテ

数少ないポジティブな出来事でした。

途中から、めちゃめちゃブーイング食らってましたけど

Embed from Getty Images

次節のウエストハム戦は快勝に期待します。

Embed from Getty Images

ご覧いただきありがとうございました。

もしよろしければ、以下のバナーをクリックお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

オール・オア・ナッシングをやっと観る

Amazon prime videoで観ることができる

「オール・オア・ナッシング

 〜トッテナム・ホットスパーの再興〜」が面白い。

 

トッテナムの19-20シーズンに密着した

ドキュメンタリーで、ポチェッティーノ解任の後

新監督としてやってくるモウリーニョ

いかにしてチームを立て直し、作り上げていく模様を

クラブハウスやスタジアムのロッカールーム、記者会見場など

様々な場所に設置されたカメラで収めている。

 

チームの中心選手や新加入の選手、古参の選手と

モウリーニョはどんな会話をして、関係を築き

試合で鼓舞し、チームをまとめていくのか?

その人心掌握術を垣間見ることも出来る。

 

ケガ人続出、新型コロナの流行など

立ちはだかる壁に直面した時の

ビッククラブの内情も包み隠さず登場する。

 

見どころの1つとして

デレ・アリが、チームドクターにマッサージされながら

質問する内容。2回出てくるので要チェックです。

 

プレミアファンなら必見!

トッテナムファンじゃなくても楽しめます 。

https://youtu.be/QBbXGUKkJu8

20-21シーズンはチェルシーとかリヴァプールに密着した

オール・オア・ナッシングが見てみたい!

 

あと、amazon primeで観ることができる

リーズのドキュメンタリーも早くみなくては!

 

もし、よろしければクリックお願い致します。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 
プレミアリーグランキング